マナー

エジプト

3月にオーストラリアに行く予定で準備を進めていたのだが、休暇を取った日の催行が募集人数不足で中止になった。そこでママさんと話をし行き先を催行の決定しているエジプトにした。

自分ひとりなら航空券だけ押さえて、自分でホテルを予約し、現地のツアーか何かを申し込んでオーストラリアでも適当にぶらっと行けるのだが、ママさんと息子が一緒だと言う事もあり、また世界遺産巡りをしたいと言う事もあって、全部スケジュールされているパッケージツアーに申し込んでいたのだが、募集人数不足とは、、、(/_;)。

以前、イタリアにサッカーを観に行った時は、航空券だけ手配し、ホテルと最後の晩餐観賞は日本から電話で予約をし、サッカーチケットは現地で手配してママさんと出かけたのだけど、その時はミラノの街中をぶらぶらしただけで、サッカー以外観光らしいことは何もしていなかった。街中をぶらぶらしてたら、ツアーの日本人がいてガイドさんが説明している所に遭遇し、そこに接近して何食わぬ顔で説明を聞いていた。それでママさんが、次に観光で行く時はツアーの方が良いかもって言うので、今回はツアーに決定。サマーリゾートなら、ツアーにする必要はないけど、さすがに地理・歴史・世界史は3歳レベルの僕が相手である、、、ツアーでないとどこにも行けないし、行ったとしても観るだけで何の説明もできない。

来年からエアーズロックが登山禁止になるかも知れないんで行きたかったなぁ。でもまぁ、エジプトには世界遺産も多くあるし、遺跡類を観るなら格好の場所だろうとは思う。でも、今から憂鬱なのは、エジプト航空。日本-カイロ間を巡航している機材は古いらしく、パーソナルエンターテイメントもないらしい。宗教上の理由でお酒類のサービスも無しで、そんな中を14時間も乗る、、、ママさんはDSを持ってるからいいけど、僕は本でも読むか、DSをもう1台買ってドラクエでもやろうかな。

まぁ、我慢するのは往復の飛行機だけで、現地に着いたらいろいろな遺跡に連れていってもらえるみたいだから、本音を言えば楽しみではある。テロがちょっと心配かな。随分昔だけど日本人観光客に対する銃撃事件もあったみたいだし、フセイン広場での爆弾事件とかもあったようだし、最近でもテロ未遂で逮捕された人もいたようだし、、、って、こんなネガティブな事ばかり考えると、折角の旅行が台無しになるんで、まっ、なるようにしかならんって考えよう。(^^)v

そういう訳で3月後半から、暫くはエジプト紀行のブログに変わると思うので、わんこブログを見に来てくれてる方は暫しご辛抱を。あとエジプトに行った事のある人がもしこのブログを見たら、行った事のある人にしかわからないような注意点とか見所とか教えてくれたら嬉しいです。

それにしても今朝は寒かった。手が痺れるくらい寒い、、、再来週から北海道にスキーなのに、この程度の寒さで参ってたまるものか。

Img_7262
毎朝散歩の時に挨拶してくれる鳥さん。挨拶に来るだけでなく、こちらが声を出すと鳥さんも声を出して応えてくれるんですよ。

Img_7268
風も吹いているので寒さが倍増、、、ほら、Lの両耳が立ってるでしょ? 普段は向かって左耳が倒れているのにね、、、これ風のせいで立ってるんです、寒いはずだわ。

Img_7272
いつもの事だけど、何を見て何を考えているんだろうね?
君と話ができたら、いろいろな事を聞きたいな。

Img_7282
まるくるさんがLには目力があるって言ってたけど、本当に鋭い目をする時がある。チャタ兄に近づくものがあれば僕が許さないよって目をして、まるでチャタ兄を守っているようだ。

Img_7292
Lに守られ悠々自適に散歩を楽しむチャタ兄。相変わらずのマイペースに、Lは寒くなったようで、いつもの通り周りを全力疾走してるよ。

Img_7318
チャタ兄ぃ、、、そんなペースで歩いていたら寒いよぉ。
一緒に走ろうぜぇ、、、なるほどこうしてバランスをとってターンするのかぁ、、、今度スキーに応用しているかな。(^.^)

チャタ&Lアート
C_l_beach 

| | コメント (6)

情けない!

最近中高年のマナーの悪さが囁かれている。
電車内の携帯電話、並んでいる列への割り込み、そして注意した人への逆切れ。
若者のマナーの事をとやかく言う資格なぞ微塵もないと思う。
確かに若者の中にもマナーの悪い者はいる。
けど少なくとも僕は、最近は圧倒的に中高年のマナーの悪さが目立っていると思う。
若い人達に対して社会生活を行う上での常識を教えていくのが人生経験豊富な中高年だと思っていたが、これでは逆に若い人たちに窘められる方が多いのではないだろうか。

何故こんな話題にしたかと言うと、今日面白くない事があったからである。
最近はスーパーやDIYの駐車場には出入り口に近いところに身体障害者用の駐車場を備えているところが少なくない。前から気にはなっていたのだが、身体障害者ステッカーを貼ってれば停めていいと思ってる輩がいる。堂々と専用駐車場に停めて、中から出てくるのはどこからどう見ても健常者。おいおい、何か勘違いしてないかぁ?って思う。

かと思えば、専用駐車場が空いているからと平気で停める輩もいる。警備員さんがそれを窘めると、「客に対してなんやその態度は?空いてる所に停めて何が悪いんや」と逆切れ。そのほとんどが中高年のおじさん、おばさんである。僕がよくいくスーパー、、、駐車場はだだっ広い。ほんの少し離れるだけで、いくらでも停める場所はあるのである。

こんなおじさんやおばさんが子供たちにマナーの事でなんやかんやと言うのである。中には子育て中の人もいる。専用駐車場に停めた車の中から元気な子供が出てくるのを何度も見ている。どんな子供に育つのか?子供に偉そうな事を言えるのか?それを声に出して言いたい。

今日そのスーパーに行った時、いつもの如く身障者専用駐車場に駐車した、どこからどう見ても健常者がいた。それも子供連れだった。普段なら、「あぁ~あ、またや」で済ますところなんやけど、今日は本当に身体の不自由な方を乗せている車が、専用駐車場が空いていなくて警備員さんに話にいった姿を偶然見てしまった。僕は警備員さんのところに行き、「ここに停めた人はめっちゃ元気な人やったから話してきたるわ」って言って、スーパーに入った親子連れを捕まえ、「元気な人はあのマークがあるとこに停めたらあかんねん。そやから今停めた車を動かしてもらえるかな?」って言うたところ、いやぁ、見事に逆切れされてしまった。

「何もこんな大勢いるとこで言わなくてもいいでしょ!」
「空いてたから停めただけやのに、あんたなんやの?」
「わかったわ、もうこんな店に二度と来ないから!」

いやいや、あのぉ、僕はお店の関係者じゃなくて、普通のお客さんなんやけどなぁ、、、と。
そして最後は「あの車も、あの車も、その車もみんな元気な人が停めてるんやから、ちゃんと注意して避けてもらうんやろね?」と来たもんだ。あぁ~あ、こんな姿、まだ小学生くらいの子供には見せたくないなぁと思いつつも、実際に車椅子の方が困ってるんで何とか穏便に車を避けてもらったんです、、、と言うか、居づらくなったのか帰っちゃいましたけどね。

ここまでなら、まぁよくあることやから、何も面白くない事があった等と言って書くまでの事ではない。何がむかついたか、、、そう警備員。言うに事欠いて、「いつもの事だからあまり事を荒立てないでくださいよ」だって、、、おもいっきり殴りたくなった。「お前の仕事だろうが!」。車椅子の方には丁寧にお礼を言われ、「いえいえ、こういう人が増えてきて困りますよね」なんて笑いながら話して別れたっちゅうのに、最後の警備員の一言が、、、もう情けなくて情けなくて、、、何かが間違ってるよ。

確かに身体障害者の方々の中には、差別せず健常者と同じように接してほしいって気持ちの方も多いと思う。だからそういう部分ではあまり出しゃばらず気を使う事も多い。だから僕が取った行為が差別行為って言われたら何も言うまい。ただ、警備員、、、あの警備員だけは絶対に許せん!

Lアート
L_up

| | コメント (2)