住まい・インテリア

永年勤続表彰

早いもので今の会社に勤めて30年が過ぎた。
昨日、その永年勤続表彰があった。
30年にもなると、先輩よりも後輩の方がはるかに多くなる。
年をとったものだなぁとここでも感じてしまった。

永年勤続表彰式の席上、30年表彰は二人だったので、代表挨拶ではなく二人とも挨拶をすることに。英語での挨拶かぁ?って思ったら、日本語で良いとのこと、ほっとした。

永年勤続の挨拶、、、一般的には先輩方や後輩達、また他部門の方達の指導、支援、協力があったからこそ、こうして今表彰を受ける事ができた云々というのが一般的なのかなと思う。でも、僕はそういう挨拶はしなかった。もちろん、多くの方の協力や支援があったからこそとは思う。けど、僕は家族の理解、協力がなければ絶対に今の自分はなかったと思ってる。そして、家族の支えがあったからこその今日の自分がいる事を皆に訴えた。

特にママさんの理解やサポートがなかったら、絶対に今の自分はなかったと思う。自分が挫けそうになった時も「嫌なら辞めればいい、、、なんとかなるわよ」という一言。単純な言葉かも知れないけど、どれほど勇気づけられた事か。30年間に何度挫けそうになった事か。家に帰って素直にそういう話をママさんとするんだけど、ママさんはいつも「お父さんがしたいようにすればいい、私はついて行くから、、、」って、こう言われると、したい事をするよりも、この素敵な家族を守って行こうって思うじゃん。

30年永年勤続表彰、、、ママさんと知り合って30年以上になるってことじゃん。僕はこの30年間、今回の表彰に相応しい功績なんか残していないと思ってる。でも、この30年間、ママさんはこの表彰以上に素晴らしい功績を果たしたと思ってる。だから僕はこの30年の永年勤続表彰を最愛のママさんに心を込めて送ろうと思う。そう、単純だけど「今までありがとう、そしてこれからもよろしく」の一言を添えて。

話は全然違うけど、我が家にはサウナがある。今の家を建てる時に僕がリクエストしたものである。だからもう25年以上になるけれど、未だに壊れもせず健在である。仕事で疲れて帰る時はママさんに「サウナを温めておいて」って言っておけば、帰ってからいつでもサウナに入れる。

Img_7246
自慢する訳じゃないけど、結構本格的な檜のサウナなんだよ

Img_7249
サウナストーン、、、たぶん、25年以上になるから効力はないと思うけど、これに水をかけて入る本格サウナは最高だわ。

Img_7248
温度も100度に設定してるんだけど、結構正確に温度を保ってくれる。

実は今ママさんがサウナに入ってるんだ。
昨日が30年の永年勤続表彰、、、僕が夕飯を作るんでママさんにはゆっくりのんびりしてもらいたいんだわ。そう、世の男性諸君!あなたは家族を支えているのではなく、家族に支えられているのですよ!恰好つけないで、素直に感謝しようじゃありませんか!

Lアート
L_pc

| | コメント (10)