« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

暇つぶしのミネストローネ

昨日に続いての更新です。(^^)v
昨日の記事に対するコメに触発され、大事な事も忘れ(後で説明します)、トマト料理を作ってしまいましたぁ。いやぁ、実際トマトが腐るほどあるので、実際に腐る前に料理できるんだったらしとかないとね。(^^ゞ、で、昨日の記事に対してスープもあるよぉってなコメがあって、おぉっしゃぁ、今日はミネストローネでも作るかぁって、、、あはは単純ですね。

取りあえず基本の材料は全てあったので、あとはどうしてオリジナリティを出すかを考えれば良いだけだったから結構らくでした、、、ても、もともとオリジナリティなんてほとんどないんだけどね。

P1050768

さぁ~て、これだけ見て何が入ってるか分かる人はすごい、、、いや、すごいを通り越しておかしいと思う。(^^ゞ この段階ではまだ水は入れてないんですよ。だから水分のほとんどはトマトからって事になります。 茄子とエリンギがしっかり見えてますねぇ、、、他ミネストローネ定番の玉ねぎとかジャガイモですよぉ。

P1050769
しっかり炒めて、水とブイヨン、そして塩コショウ、、、こまめにアクを取っていくと、スープらしくなってきますよねぇ。これでもまだまだなんですよぉ。スープだから無精せずに、出てくるアクはこまめに取りましょうね、、、そのこまめさが、愛情の深さと比例しますよぉ。(^^)v

さて冒頭に書いてた、大事な事を忘れたって件だけどね、いやぁ、、、今日は妻はいなかったんだわぁ。ちょいとお出かけしていて、今夜は僕一人、、、、それにも関らずこの量を作ってしまったぁ、、、やばい!

僕と同じ町内会で、ご主人を早くに亡くし、現在息子さんの子供達3人を預かってる、、、いや育ててる人がいるんだけど、子供達もみんな良い子に育ってるし、僕のミネストローネを気に入ってくれるかどうかはわからんけど、取りあえずおすそ分けしてきた。いつもは採りたて野菜とかをおすそ分けしてるんだけど、今日は調理済みのもの、、、明日の反応が楽しみだわ。 妻には素直に、作り過ぎたぁって言うけど、、、きっと、いつもの事じゃんで終わるだろうなぁ。(*_*;



| | コメント (4)

暇つぶしのミートソース

久々に更新したくてもネタがなく、昨夜にやった睡眠時無呼吸症候群の簡易検査の事を書こうかとも思ったけど、何かつまらないなぁって事で、先ほど作った料理について書きます。
全くわんことは関係ないけど、取りあえず更新しておかないと「あいつ、生きてるの?」って言われそうで、一応元気だよぉってね。

今年は冷夏だと言う話しだったので、トマトは厳しいかなと思ってたんだけど、例年になく豊作で夫婦二人では食いきれない。それも、定番のもも太郎なんだけど、今年はやけにでかい、、、なんで? 冷蔵庫で冷やしては、バドミントンの練習の時に大量に持って行く妻、、、おいおい、俺は人様の為に作ってるのかよぉ、、、ってね。

P1050760

こんな感じで、翌日持って行く分だけ冷やしております。
実際はこんな量じゃないですから、、、今年は異常繁殖中です、、トマト。
僕はトマトより隣のビールの方が、、、、(^^ゞ

そこで今日は休みなんで、パートに行ってる妻の為にもミートソースでも作るかって事で挑戦です。トマトは捨てるほどあるし、人参、ピーマン、茄子も自家製、、、それにニンニクも自家製なんですよ。(^^)v

でもきのこ大好きな僕は、しめじとエリンギ、そしてミンチを買いに近くのスーパーへ。
帰ってきて、早速調理開始です。でもレシピは聞かないでね、、、ほんと適当なんだから、(^^ゞ

一応、にんにくをオリーブオイルで炒め、玉ねぎのみじん切りを入れて、その後みじん切りした人参、ピーマン、エリンギ、しめじを炒めます。適当に炒まったら、ざく切りした生トマトを入れるんだけど、無精者の僕は湯剥きなんてしません。角が立てば少しの砂糖で柔らかくし誤魔化しちゃいます、、、妻にはわからん、、、、、はず。

P1050761
まぁ鍋でもいいんだろうけど、僕はいつもフライパンを使います。トマトを入れて暫くたったところですね。この後、塩、コショウ、酒、コンソメ、ソースや醤油を入れて好みの味にしていくんです。

P1050765
よ~く煮込んで、水分を飛ばして行くとこんな風にミートソース、、、みたいになります。
もう少し水分を飛ばせば完成ですね。

これはこれで、今度はパスタを茹でて、やっぱり玉ねぎやしめじを入れるんですねぇ。それにこのソースを付けると、、、、いやぁめっちゃ美味いですよ。はい、妻が帰ってくる前に、一人前だけ試食しちゃいましたぁ。(^.^)

更新は遅いけど元気でやってますからねぇ。(^^)v

| | コメント (4)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »